FC2ブログ
2019/08:- - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31

「弘海も来てたんだ」
「はい。今来たところだったんですけど、ここで三芳さんとばったり会って……」
橘は微笑んで、ショーンに目を向ける。
「大晦日に熱を出した彼も元気そうだね」
「はい。おかげさまで熱も下がりました」
三芳には頭を下げる仕草をしたショーンだったが、橘には相変わらず警戒している様子が伺えた。
弘海にはそれが気に入らない。
さんざん世話になったのだから、少しぐらい愛想を見せればいいのにと思う。
「せっかくここで会ったんだし、一緒に行こうか」
橘の提案は、この状況では当然のような提案だったので、弘海は迷うことなく頷いた。
「そうですね。大勢のほうが楽しいですし!」



五人でゆっくりと境内の奥の拝殿に向かう。
人ごみがすごかったので、とてもすぐには拝殿まで行けそうになかった。
ゆっくりと周りのスピードに合わせるように歩いていく。
けれどもそのほうが、いろいろと見て回るには都合が良かった。
「あれは何ですか?」
「ああ、あれは狛犬って言って、神社を守ってる犬なんだ」
「でも、石ですよね?」
「石だけど……そういう守り神みたいな役目があるみたいだよ」
「そうなんですか……変わってますね……」
リュウスやショーンの質問に答えたりしながら歩いていると、自然と歩く速度は遅くなってしまう。
橘と三芳も、それに合わせてくれた。
「そっちの彼がショーンだっけ?」
橘が言ったので、弘海は目を見開いた。
「そうです。よく覚えてますね」
「だって……猫の名前もショーンだっただろう? 身近な人の名前を猫につけるなんて、変な話だなと思ってたんだ」
「あ、そ、それは……はは、そ、そうですね……」
「ショーンは家族みたいな感じって聞いたけど、そっちの彼は?」
「あ、ええと……友達……みたいな感じ?」
「ひょっとして……二人とも外国の人?」
「ええと……そ、そうですね……はい……外国の人です……」
「同じ国?」
「そう……みたい……ですね……」
二人のことについて追求されると、弘海はつい、しどろもどろになってしまう。
実は魔法が使えるとか、猫になれるとか、男どうしで婚約したりする国なんだとか……そんなことを言ったら、きっと橘も三芳も目を回してしまうに違いない。
けれども、橘も三芳も、ショーンとリュウスのことに興味津々のようだった。
弘海がしどろもどろになっているので、二人は少し不思議そうな顔をしている。
「ショーンとリュウスは、どういう関係? 親戚か何か? 友達?」
三芳が聞くと、リュウスはショーンの腕にしがみついて微笑んだ。
「僕はショーンさまの許婚なんです」
一瞬、二人の空気が凍ったようだった。
「あ、あのさ……リュウス……」
弘海がたしなめようとしたが、三芳が先に口を開いた。
「許婚って……二人とも男だよね?」
「はい。でも、どちらの親も認める正式な許婚です」
「へえ……そんな国もあるんだなぁ」
感心したように三芳は言う。
「え、ええと……ショーンたちの国は日本とはぜんぜん違う国なので……あまり真に受けないでください……」
「確かに、ずいぶんと違うようだね」
そう言ったのは橘だった。
「あ、あのね……リュウス……ここは日本で文化も道徳も何もかも違うから、ほどほどのとことで止めておいて……」
弘海が小声で言うと、リュウスはにっこりと微笑んだ。
「日本には男性同士が結婚するという風習はないのですか?」
「うーん……外国なんかではあるみたいだけど、日本ではまだそういう法律はないかな……」
困ったような顔をしながらも、橘が親切に答えてくれた。
「そうですか、それは残念ですね、弘海さん」
「え? な、何で俺が残念?」
「実は弘海さんは、いつも家で橘さんのお話ばかりしているんです。きっと、弘海さんは橘さんのことが好きなんだと思います」
「ちょ……!!!」
「橘さんは弘海さんのことをどう思ってるんですか?」
「あ、あのね、リュウス……」
弘海が大慌てでリュウスを止めようとしたのだが、それを遮るように橘が言った。
「俺も弘海のこと好きだよ」
「え……」
「弘海は何事にも一生懸命だし、俺は弘海が男でも女でも、たぶん好きになったと思うよ」
「あ、ありがとうございます……」
橘の『好き』がどういう好きなのか、今の言葉だけでは弘海には判断がつかなかった。
だからとりあえず礼を言っておいたのだが、それが正しい判断だったのかどうなのか、弘海は混乱しすぎていてわからなかった。
ただ、リュウスの言葉で、橘が大きな誤解をしていなければ良いのにと思う。
弘海はショーンのほうをチラリと見てみる。
不機嫌そうな顔をしているが、橘や三芳がいる手前、我慢しているようにも見える。
実際にここでショーンが怒ったり、何かを言ったりしたら、弘海はますます困り果ててしまう事態になるだろう。
弘海はこの事態をどう収拾しようかと頭を悩ませていたのだが、ふいに背後から誰かに突き飛ばされるような衝撃を受けた。
「わわっ……!」
ショーンが手を伸ばそうとするのが見えたが、それよりも先に橘の腕が伸びてきた。
あわや転びそうになった弘海の体は、橘の腕によって支えられた。
「大丈夫?」
「は、はい……大丈夫です。ありがとうございます。おかげで転ばずに済みました」
橘に抱きしめられるような形になった弘海は、慌ててその体から離れた。
「ほ、本当にすみません……俺、いつもおっちょこちょいで……」
見上げた橘は、何となく狐につままれたような顔をしている。
「ど、どうかしたんですか、橘さん?」
「何か今……手が勝手に動いたみたいな感じだったんだ」
「えええ?」
「誰かに手を導かれた……みたいな……」
「な、何ですか、そのオカルティックな現象は……」
「うん、俺もそう思う。でも、まあ……気のせいかな」
そう言った橘の言葉に、三芳も笑った。
「そりゃ気のせいだろう。弘海の体を支えようと思って自分で動いたのを、誰かが手を引っ張ったように感じただけなんじゃないか?」
「そうかな……まあ、そのほうが納得できるね」
二人の会話を聞きながら、弘海は心当たりを感じて、リュウスに視線を向けた。
目があったリュウスは、ショーンの腕にしっかりとしがみつきながら、弘海ににっこりと微笑みかけてきた。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

ブルーガーデン
  


関連記事

EDIT [2012/01/31 08:45] 猫目石のコンパス Comment:0
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日生桔梗

Author:日生桔梗
オリジナルの18禁BL小説を書いています。

下記のランキングに参加しています。
よろしければ投票をお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



駄文同盟

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック