FC2ブログ
2019/08:- - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31

パジャマの上着を脱がされると、漣の手が久しぶりに悠樹の肌に直接触れてくる。
胸の突起を指先で探り当て、指の腹で擦りあげるようにして刺激してくる。
「んっ……んんっ……!」
しばらく触れられていない間に、体は以前にも増して敏感になってしまったようだった。
漣は指で弄っているほうと反対側の突起を舌で刺激してきた。
「や……ッ……んんっ……!」
手と舌の両方で責めたてられ、悠樹は体をビクンとはねさせてしまう。
こんなのはまだ始まりに過ぎないのに、体はもう完全に脱力し、吐息は熱く弾んでしまっていた。
「ん……ぅッ……漣……ッ……んぁッ……!」
さんざん悠樹の胸を弄んだ手が、ゆっくりと腹をなぞり、そのまま両足の合間へと下がっていく。
漣の手の気配が近づいてくるのを感じるだけで、悠樹は全身が痺れるような感覚を感じてしまう。
まるで魔法のようなその漣の手が、包み込むようにして下着の上から悠樹のモノに触れてきた。
「あ……ぁッ……あ……」
「久しぶりだな……」
「れ、漣……兄さ……ッ……!」
漣は下着の上からその形をなぞるように、手を滑らせてくる。
そのもどかしいような感覚が、悠樹の性感を狂わせてくる。
「んッ……あっ、あぁッ……!!」
「もう逝きそうだな……一度逝っておくか?」
漣の言葉には返事が出来なかった。頷いてしまえば、淫乱だと思われてしまいそうな気がしたからだ。
だが、漣のほうは悠樹のそんな気持ちなどお見通しのようで、下着の中に手をいれ、強く握り締めてきた。
「ひ……ッ……だ、駄目……ッ!」
一物をぎゅっと握り締められ、そのまま上下に手を動かされる。
快楽に飢え続けていた悠樹の体は、もうひとたまりもなかった。
「あっ、ぁっ……逝く……ッ……!!」
喉を引きつらせるような声を上げ、悠樹は漣の手によってあっさりと逝かされてしまった。



軽く逝ってしまった悠樹が少し落ち着くのを、漣はその頬や首筋を撫でながら待っていた。
悠樹はまだ達したばかりの恍惚とした表情をしていたが、少しずつ落ち着いてきたようだった。
それを確認すると、漣は今度は舌を使い出した。
首筋を舐め、わき腹を舐め、そしてそれは自然に悠樹のモノへと這わされていく。
「あっ、あぁッ……んんっ!!」
舌先が触れた瞬間、萎えていたはずのモノが一気に硬さを取り戻していく。
「漣……兄……ッ……それ……駄目ッ……」
「ん?どうしてだ?」
「感じ……すぎちゃうから……ッ……!!」
これまでにも、何度もそうやって漣に慰められてきた。
そうされることが、手でされたりするのとはまったく次元の違う快楽をもたらすことも知っている。
だから、今日みたいに敏感すぎると、いったいどうなってしまうのかと不安になるのだ。
「どうせ俺しかいないんだ。気にせずに感じればいい」
「で、でも……あっ!やっ……!!」
抵抗して足を閉じようとするのを防がれ、漣の顔が悠樹の中心部に入ってくる。
すぐに舌の感触がして、まるで電気が走ったみたいに体が痺れた。
「……んんッ……あっ、や……あぁッ!!」
必死に漣を追い出そうとする足を両手で押さえ込まれ、悠樹はなすすべなく快楽を注ぎ込まれていく。
漣の舌を使う音が、悠樹の顔をさらに熱くさせていく。
自分の恥ずかしい部分を漣が口に含んでいるのかと思うと、たまらないほど羞恥がこみ上げてくる。
「あぁッ……漣……ッ……あっ、はぁッ!!」
抵抗を両足が放棄したのをいいことに、漣は手まで使って悠樹を責め立てて来る。
悠樹の先端からは、情けないほどに先触れの雫があふれ出していた。
「ん……いッ……あっ……逝っちゃ……また……ッ!!」
切羽詰った悠樹の声に、漣の舌の動きがさらに激しくなる。
激しく先端を吸い上げられ、悠樹はたまらずに腰を浮かした。
「逝く……ッ……あぁッ……あぁぁッ!!!」



「大丈夫か……?」
荒い呼吸を繰り返しながら呆然とする悠樹の顔を、漣が気遣うように覗き込んでいた。
「うん……」
「久しぶりだったから……ちょっときついかったか?」
「う、ううん……」
悠樹が首を横に振ると、漣はそれに微笑んだ。
「じゃあ、まだ大丈夫だな」
「え……あ、ちょ、ちょっと待って……」
「お前がOKって言ったんだからな」
「言ってない!」
そう抵抗してみたものの、漣はすでに悠樹の体の上にいて、入り口に自身のモノをあてがっていた。
「あ……れ、漣……兄……ッ……!!」
「入れてもいいか?」
そんなことを聞かれても困ってしまうのだが、悠樹はただ潤んだ瞳で漣を見つめ返した。
「よし、いいんだな」
「な、何も言ってない!」
「目が入れて欲しいって言ってた」
「言ってないから!」
本当は早く入れて欲しかったけど、そんなことはとても口に出しては言えなかった。
「入れるぞ……」
耳元でそう囁かれ、漣の張り詰めたモノが体内にのめり込むようにして侵入してくる。
「あ……ぁッ……はぁッ……!」
久しぶりに漣が体の中に入ってくる感触。それを感じながら、悠樹はなんだかよく解らない幸福感に包まれていく。
悠樹を気遣うようにして、漣がゆっくりと律動を開始する。
「辛かったら……我慢せずに言えよ?」
「うん……」
そう答えている間にも、快楽は漣の律動にあわせるかのように、体の隅々にまで注がれていく。
「あ……ッ……んっ、あぁッ!!」
悠樹はいつの間にか漣の体にしがみついていた。
漣も悠樹を強く抱きしめながら、腰を揺らしていく。
「あ、んんっ……漣ッ……兄……!!」
「わかってる……お前がどうして欲しいかぐらい……」
漣はそう囁いて、悠樹が好む場所を突き上げていった。
悠樹の喘ぐ声が切羽詰ったものになっていき、全身がひくついてくるのが解った。
「逝きたければ逝っていいぞ……」
「あ……あっ、漣……ッ……あぁッ!!」
知らないうちに悠樹は漣の背に爪を立てていた。
爪が強く食い込む感触に、漣は軽く顔をしかめたが、悠樹はもう自分が何をしているのかもよくわかっていない状態だった。
ただ、体の中いっぱいに漣の存在を感じていた。
体の中が漣で満たされていくのを感じるたびに、悠樹は幸せを感じていた。
その動きは強弱をつけながらも、悠樹がもっとも敏感な部分を巧みに刺激してくる。
漣がそうしているのだと思うだけで、悠樹は乾いていたものが満たされていくのを感じる。
休みなく注がれる快楽が邪魔をしてきちんと考えることが出来ないけれど。
こういう幸せの形というものもあるのかもしれない。
快楽の大きな波のうねりに飲み込まれそうになりながら、悠樹はぼんやりとそんなことを考えていた。
「漣……兄……ッ……俺……駄目かも……ッ……!!」
「あぁ……解ってる。逝っていいぞ……」
「んぁッ!!! ああぁッ……逝くッ……!!!」
そう叫ぶように喘いで、悠樹の体ががくんと反り返った。
それと同時に、白濁の雫が先端から放たれる。
漣はその熱い迸りを体で受け止めながら、自身も悠樹の体の奥に欲望を解き放った。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 小説ブログ BL長編小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事

EDIT [2011/07/06 16:59] Breath <1> Comment:0
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日生桔梗

Author:日生桔梗
オリジナルの18禁BL小説を書いています。

下記のランキングに参加しています。
よろしければ投票をお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



駄文同盟

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック